Benesse

君と見る流れ星 starring 秦 基博

番組ID:35

  • 小学校高学年~一般の方向け
  • 約40分

星空に響き渡るのは、アーティスト・秦 基博さんの心温まる歌の数々。ハートフルな音楽とともに、主な流星群の紹介や、その日の夜に見ることのできる星座たちをご案内します。流れ星降る特別な時間に、あなたの夢や想いを重ねてみてください。

本作では全編にわたり、秦 基博さんの楽曲を起用した、音楽と星空のコラボレーション作品です。代表曲である「アイ」や「Girl」をはじめ、様々な楽曲を交えてお届けします。ドームいっぱいに広がる宇宙や星空に、心温まる名曲が響き渡ります。ナレーションはJ-WAVE『SMILE ON SUNDAY』のナビゲーターとしても活躍するレイチェル・チャンさんです。

  • 01:水面に移る都会の風景…それぞれの窓辺で数えきれないほどのドラマが生まれ、この瞬間をすり抜けていきます。川面を漂いながら、秦基博の歌声に耳を澄ませましょう。

  • 02:日常から少しだけ離れて、自然を感じるひととき。茜色の空を少しづつ闇が覆い始めると、星空に出会えるまで、あともう少しです。

  • 03:夜空を横切る流れ星。毎年決まった時期に空の特定の場所から流れるたくさんの流れ星のことを流星群と言います。これは夏の流星群として有名なペルセウス流星群。夏の星座をご紹介します。

  • 04:地球のはるか上空に浮かぶのは、国際宇宙ステーション。宇宙での様々な研究、実験をする施設で、日本の宇宙飛行士も何人も訪れました。そして、ここからも流れ星が見えます。。

  • 05:地上400㎞の軌道からは、大気圏に突入する流れ星を見下ろすことができます。

  • 06:宇宙から見ると、地球の大気圏に飛び込んでいく流れ星の様子がよく分かります。

  • 07:毎年、決まった時期に流星群が見られるのはなぜでしょうか?それは、地球が太陽の周りを回っていることに関係があります。

  • 08:地球の通り道には宇宙のチリがたくさん集まっている場所があり、そこを地球が通過するとチリが地球の大気の中に飛び込んできます。チリは大気との摩擦で燃え、光を放ちます。その光が流れ星です。

  • 09:チリの集まりは、地球が1年で1周する軌道のところどころ、決まった場所にあります。そのため、毎年同じ時期に流星群を見ることが出来るのです。

  • 10:秋の流星群のひとつにオリオン座流星群があります。オリオン座は冬に見られる星座のため、秋の星空だと、東の空に少しだけ姿を見せています。オリオン座流星群の流れ星と共に、秋の星空を見ていきましょう。

  • 11:流れ星の元となる宇宙のチリは、すい星の表面の氷が溶けたものです。溶けゆく姿が美しい光の尾となります。すい星の通り道に残されたチリの集まりを地球が通過するときが、流星群の夜なのです。

  • 12:冬の代表的な流星群は、ふたご座流星群です。冬は空気が澄み渡り、星が最もよく見える時期です。ふたご座を中心に、冬の星座めぐりをしましょう。

  • 13:あなたの願いはなんですか?今夜もまた、私たちは、夜空を見上げるのです。