看護大学

更新情報・お知らせ

URL変更のお知らせ
ベネッセスタードームのページはこちらhttps://blog.benesse.ne.jp/stardome/に変更致しましたので、新しいURLよりご覧ください。

看護学部のある大学について

どこの看護大学を受験すればいいのか?

〇看護学部のある大学は数多く存在します。「国家資格を取れればどこの大学でも同じ」と思われがちですが、実際にはそうではありません。大学の看護学部の特色を下記にまとめました。

1.大学病院を持つ大学の看護学部
2.大学病院を持たないが、医療に特化した大学の看護学部
3上記のいずれにも当てはまらない大学の看護学部

大きくわけて、それら3つに分類されます。上記の2.3については、以前は存在しなかったのですが、近年、大変な勢いで増えました。
では、それぞれについて、概略を記します。

1.病院が附属され、その病院に勤務する看護師を育成する目的で作られた学部です。実習先も就職先もほとんどの場合が、附属病院です。看護の世界の中において、最上位の地位にあります。一方で、入試の難度はとても高いです。

2.病院が附属されておりませんが、今後、病院や医学部設置を望む大学が、看護師を育成する目的で作られた学部です。近年人気があり、倍率も高い傾向です。

3.上記以外の大学が作った看護学部です。大学卒業者となります。入試の難度は高いとは言えませんが、おおむね、看護学部は文系学部よりも難度は高い傾向です。

どこの大学がおすすめか

当塾としては、1となります。そもそも、看護師を育てたいわけですから、病院と連携しながら、訓練をすることが、最良だと考えるからです。しかし、大学病院は医学部がないと存在できません。しかし日本は世界的に見ても、医学部と医師の数が抜きんでて少ないので、それに伴って、大学病院を附属している看護学部も少なくなります。
ですから、大学卒の看護師になりたい場合は、大学病院を附属していない看護学部への進学も含めて受験をする必要が出てきます。
そうした中で、近年上記2の「大学病院を持たないが、医療に特化した大学の看護学部」に人気が集まっているのは、自然の流れかと考えられます。
もちろん、上記3の大学の看護学部も熱心に看護師育成に取り組まれているものと思われます。ですから、どこの大学が良いとは断言はできないのですが、当塾においては、上記を参考にし、大学病院を附属している看護学部への合格を目指して、受験の準備をしています。

看護大学と看護専門学校の違い

看護の国家試験に合格し、看護師の資格を取れれば、看護大学を卒業していても、看護専門学校を卒業していても、どちらも変わりはないのでは、というご質問は良くお伺いします。まさに、その通りであり、違いはありません。ただし、大学は卒業までに4年間、看護専門学校の多くは3年間です。その分、専門学校は多忙であり、実習なども含めると、かなりの生活への負担がかかるのが実際です。その分、大学は4年間ありますから、余裕を持って学生生活を送ることができます。
卒業後の就職先も近年においては、その違いが目立つようになりました。大学病院は大学卒業者のみを雇用する場合がほとんどです。(ただし、大学が設立し、運営している看護専門学校の場合は除きます。)
大学病院以外でも、大きな病院は大卒を優先的に採用する傾向が強まっています。そうした意味では、大きな病院の勤務を希望している場合は、やはり大学の看護学部を卒業して、看護師になることをお勧めします。
ただ、特に大きな病院でなくても、老人保健施設や訪問看護、診療所(クリニック、開業医などの正式名称)などで働くことを希望している場合は、大学卒業者でなくても、十分に就職の機会はありますので、ほとんど問題ありません。

看護大学に入学するために

看護を専門とする予備校がありますので、そういったところを利用することが受験に合格する一番の近道です。忙しい方のためにオンラインでの授業も完備されています。
看護大学の受験に強い予備校

ページの上部へ